SCIO > 会社概要

会社概要

サイオとは

株式会社サイオは、『Rimless(リムレス)コンピューティング』をベースコンセプトにおいたソリューション開発を専門とするソフトウェア会社です。最近ではJavaアプリケーション開発・実行環境『IdbA』及び、『IdbA』をベースにした1)EDIゲートウェイサーバ 2)クライアント型アカウント・アグリケーション3)Webサービス集約サービス 等にて、大企業ユーザーを中心に着実な業績をあげてきました。

社名の由来

「SCIO」とはエスペラント語で「知」を意味します。エスペラント語は特定の民族、国に依存しない中立公平な国際共通語です。だれでも使用、共有できる「知」を実現すべく、その想いをこめてこの社名を命名しました。

経営理念

ICTを軸とした永続的に進化するサービスを、他の会社・人と連携して社会に提供することにより、世界中の人々の日々の発展に寄与し、ともに感謝しあうこと

経営スタッフ

安田 知弘 / 代表取締役社長
安田 知弘 / 代表取締役社長 安田 知弘 Facebook Facebook 安田 知弘 Twitter Twitter
サイオのファウンダーとして1993年11月より現職。 1980年より株式会社東海クリエイト(現株式会社クレオ)のシステム開発プロジェクトに参加し、 当時トップシェアとなった日本電気PC-8801(8bit)用日本語ワードプロセッサ「ユーカラ」や統合型ビジネスソフト「ビジコンポ」を設計・開発を行う傍ら、 東海クリエイトの関連会社であった株式会社ワイエス(後、株式会社クレオアールアンドディに商号変更)の経営にも参画。 サイオ設立後、次世代エンドユーザーコンピューティングモデル「RimlessComputing」を考案、「RimlessComputing」をベースにした「IdbA」を設計開発し、現在に至る。 福岡県生まれ。


川畑 種恭 / 会長
東海クリエイト(現株式会社クレオ)のファウンダー。2006年、クレオ取締役会長に就任。2007年5月、サイオ取締役に就任。

企業情報

商号 株式会社サイオ
本社所在地 〒105-0014 東京都港区芝3-24-3 SUN TORAビル2F  地図はこちら
設立 1993年11月10日
代表者 代表取締役社長 安田知弘
資本金 1,000万円
主要取引先(50音順)
株式会社アイフラッグ/株式会社Eストアー/株式会社イー・ロジット/株式会社NTTデータ/株式会社オービックビジネスコンサルタント/株式会社キャッチボール/株式会社クレオソリューション/GMOメイクショップ株式会社/株式会社電算/株式会社電算システム/株式会社ニッセン/株式会社ネットプロテクションズ/ハングリード株式会社/株式会社日立ソリューションズ/株式会社フューチャーショップ/ロジザード株式会社/株式会社ROBOT PAYMENT

沿革

1993年
11月:東京都港区芝浦に資本金1,200万円で株式会社サイオを設立
1995年
10月:東京都港区芝3-24-3に移転
1996年
3月:一般2種電気通信事業者 取得
1999年
4月:東京理科大学情報メディアセンターコンソーシアムに参加
2000年
3月:FPOI(現在のFETOI)製品企画発表
2001年
3月:IDBO(現在のIdbA)製品企画発表、特許出願
9月:IdbA Release 1.0 リリース
12月:富士通と共同でIdbAを利用したアカウントアグリゲーションの特許出願
2002年
12月:特定通信・放送開発事業実施円滑化法(平成2年法律第35号)第4条第1項に基づき認定を受ける。(第56号)
2003年
1月:Sun Developer Connection(SDC)会員
2004年
10月:ECサイト受注処理システム製品発表
12月:Novell社のNovell SUSE LINUX Professional 9.2 日本語版にIdbA評価版を標準バンドル
12月:Novell社テクノロジーパートナー
2005年
1月:Novell社のNovell Linux Desktop日本語版にIdbA評価版を標準バンドル
4月:Novell社のNovell SUSE LINUX Professional 9.3 日本語版にIdbA評価版を標準バンドル
5月:Redhat Inc. Redhat Ready Program参加
7月:Linuxコンソーシアムに参加
8月:Linuxコンソーシアム リッチクライアント部会立ち上げ
10月:一括!コマース「速販」/「速販盛」リリース
12月:富士通Interstage ビジネスパートナープログラムに参加
12月:富士通製ミドルウェア製品「Interstage Realtime Communicator V7」にIdbAをライセンス供給
12月:「速販」をライブドアデパートにOEM供給
2006年
3月:IdbA R2.0リリース
5月:「Eストアーショップサーブ」との連携コンポーネントリリース
7月:「N’s STREETコンポーネント」との連携コンポーネントリリース
9月:一括!コマース「速販」を刷新、 ネットショップde快速販売「速販」リリース
11月:東京都港区高輪3-19-22 に移転
2007年
8月:「ビッダーズ」との連携コンポーネントリリース
10月:情報セキュリティシステムの国際規格「ISO27001」を認証取得
2008年
8月:新スタイルのマーケットプレイス「速市」サービス開始
10月:「livedoorデパート」との連携コンポーネントリリース
2009年
1月:「ロジザードプラス」との連携コンポーネントリリース
2月:LAN環境でのデータ共有に対応した上位版「速販コネクト」提供開始
4月:「後払い.com」との連携コンポーネントリリース
8月:「Amazon」との連携コンポーネントリリース
2010年
4月: OBCの提供する「商奉行」「蔵奉行」と連携する「速販フロンティア」提供開始
5月:「速販コネクト」同一モールの複数店舗に対応
5月:「Color Me Shop! pro 」との連携コンポーネントリリース/dd>

7月:「速販コネクト」が商品のカラー、サイズなどのバリエーションに対応
7月:「zaiko robot」との連携コンポーネントリリース
2011年
1月:facebookページ「速販ファンクラブ」開設
3月:東京都港区芝5-13-18に移転
5月:速販ロボットOEM提供開始
2012年
5月:「MakeShop」との連携コンポーネントリリース
2013年
1月:東京都港区芝3-24-3に移転
4月:「ニッセン@払い」との連携コンポーネントリリース
5月:「MakeShop」との連携に商品管理追加
6月:「ホームページマイスター」との連携コンポーネントリリース
7月:「ロジザードZERO」との連携コンポーネントリリース
8月:「FutureShop2」との連携コンポーネントリリース
2014年
2月:「ポンパレモール」との連携コンポーネントリリース
2月:「ゆうパックプリントR」との連携コンポーネントリリース
12月:「ATOdENE」との連携コンポーネントリリース
2015年
1月:受注データクラウド版「速販C2」提供開始
7月:「ポンパレモール」複数店舗に対応
11月:「クロネコ後払い」との連携コンポーネントリリース
12月:「Qoo10」との連携コンポーネントリリース
12月:「Amazon」との連携に商品管理追加
2016年
2月:「速販フロンティア」販売再開
6月:「速販C2」自動受注取込機能追加
2017年
3月:「EPRESS DESIGN」との連携コンポーネントリリース
9月:「速販在庫」提供開始
2018年
2月:「ヤマダモール」「aishipR」との連携コンポーネントリリース
3月:「速販C2」で汎用的に利用できる「汎用サイト」コンポーネントリリース
2019年
7月:「NP後払い」とAPI連携追加
10月:「速販商品」提供開始
2020年
3月:「楽天スーパーロジスティクス」との連携コンポーネントリリース
2021年
8月:従来の速販シリーズを統合したECサイト一元管理システム「速販UX」提供開始
2022年
2月:ヤマト運輸「フルフィルメントサービス」との連携コンポーネントリリース