SCIO > 最新ニュース

最新ニュース

プレスリリース:「速販」シリーズが、RMSの楽天ペイに完全対応

速販シリーズ楽天ペイ対応


システム開発および販売を行う株式会社サイオ(本社:東京都港区、代表取締役社長:安田 知弘、以下 サイオ)は、2018年10月31日、複数ネットショップ一元管理ソフト「速販」シリーズ(「速販C2」「速販コネクト」「速販」、以下「速販」)において、楽天市場の店舗運営システムRMSの新管理画面である楽天ペイ(楽天市場決済)(以下 楽天ペイ)に完全対応いたしました。


■RMSの楽天ペイへの切り替え

楽天市場の店舗運営システムRMSは、楽天ペイへの切り替えを進めています。決済手段の充実など購入者の利便性が高まるだけでなく、出店している店舗にとっては入金サイクルの統一や短縮化などの利点があります。
RMSと連係する「速販」においては、利用する店舗が、簡単に、そしてRMSの機能を最大限活用できるように、楽天ペイへの対応を進めてまいりましたが、2018年10月末日を以て対応が完了いたしました。

■「速販」がRMSの楽天ペイに対応するメリットとその特徴

(1)安定した連係
RMSから提供された通信プロトコル「楽天ペイAPI」を利用して連係しているため、安定して注文情報を取得・登録することができます。

(2)注文確認、発送完了報告を自動化
店舗はRMSに対して、注文を確定するため注文確認および発送完了報告が必要です。
「速販」を利用すると、メール送信とステータス変更、そしてRMSへの注文確認および発送完了報告という一連の動作を自動化することができます。

(3)受注取込、ステータス設定の自由度
店舗の運用フローとRMS上の注文の状態(ステータス)に合わせて、RMSから「速販」に受注取込を行うことができます。さらに「速販C2」で自動受注取込を利用すれば、常に自動的に注文情報を取り込むことが可能です。
また、各動作の際注文を移動させる「速販」内のステータスを自由に作成し指定することができるので、RMSにログインすることなく注文の状態を把握することができます。


■楽天市場とは
https://www.rakuten.co.jp/
楽天株式会社が運営しているオンラインショッピングモールです。 国内最大級のEC関連サービスの一つです。

■「速販」シリーズとは
https://sokuhan.jp/sokuhan/
「速販」シリーズは、複数ネットショップ一元管理ソフトです。
受注処理の分業化、効率化および事故の防止、いたずら注文やブラック注文者の検出、かご落ち防止、顧客満足度の向上に加え、在庫数連動による売り越し・売り逃しの防止など、ネットショップを「強くする」数々のソリューションを提供します。
ラインナップ
・受注データはクラウドに保存し、在庫数連動機能も利用できる「速販C2」
・受注データをLAN共有し、同一モール内複数店舗対応、商品管理も可能な「速販コネクト」
・データはPCに保存し、必要な機能をオプションとして追加できる「速販」


EC Camp2018に出展します!

EC Camp2018に出展します!

独立行政法人 中小企業基盤整備機構が主催する、国内および海外向けECビジネス、そしてITを活用した生産性向上で成功するための、さまざまなノウハウが学べるビックイベントです!

ブースでは、「速販C2」の受注管理や在庫数連動についてのご説明を致します。
ぜひ、お越しください。

▼詳しくはこちら
https://sokuhan.jp/sokuhan/ec-camp2018/


プレスリリース:「速販C2」の在庫数連動が、MakeShopに対応


システム開発および販売を行う株式会社サイオ(本社:東京都港区、代表取締役社長:安田 知弘、以下 サイオ)は、2018年9月27日、「速販C2」の在庫数連動において、GMOメイクショップ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 向畑憲良)が提供するECサイト構築・運用サービスMakeShopに対応いたしました。


■複数ネットショップにおける在庫数連動の必要性
オンラインモールや自社サイト構築システムには、商品が売れると在庫数を減らすという在庫数表示機能があります。多くのEC事業者は、同じ商品を複数の店舗で販売していますが、その場合、各店舗の在庫数表示機能だけでは十分ではありません。各店舗に在庫を振り分けると売り逃しのリスクが生じ、在庫の全数を各店舗に設定してしまうと売り越しのリスクが高くなるからです。
在庫数連動を使えば、ある店舗で在庫数が減った場合、その他の各店舗でも同じように在庫数が減ります。在庫数が連動するので、常に全ての店舗に適正な在庫数を表示することが可能になり、 “売り逃し”“と“売り越し”両方のリスクを回避することができます。

■「速販C2」で在庫数連動を利用する
「速販C2」に在庫数連動機能を追加すると、複数の店舗の在庫数を連動させることができます。
この度、MakeShopが加わり、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、Wowma!と併せて、最大33店舗で在庫数連動ができるようになりました。

zaiko

■キャンペーン
「速販C2」の在庫数連動が「MakeShop」に対応したことを記念し、GMOメイクショップ株式会社の協賛を得て、キャンペーンを実施いたします。
https://sokuhan.jp/sokuhan/201809makeshopzaikocamp/
「MakeShop」の特典
プレミアムショッププラン(10,000円/月)新規契約6か月以上で3か月分キャッシュバック
「速販C2」在庫数連動の特典
新規ご契約時、初期データ作成費用(10,000円×店舗数)無料
(ただし商品番号(商品コード)が各店舗で同じ場合)
<キャンペーン対象>
2018年12月21日までに「MakeShop」または「速販C2」で在庫数連動をご契約の方


■MakeShopとは
https://www.makeshop.jp/
ECサイト構築・運用サービスです。
導入実績約22,000店舗、ASPカート業界の流通額6年連続日本一。月額利用料10,000円でネットショップの開店・運営に必要な機能の全てが揃います。

■「速販C2」とは
https://sokuhan.jp/sokuhan/
「速販C2」は、複数ネットショップ一元管理ソフトです。
インストールとクラウドのハイブリッドタイプで、お手元の処理は早く、複数のスタッフでどこからでも作業できます。
受注処理の分業化、効率化および事故の防止、いたずら注文やブラック注文者の検出、かご落ち防止、顧客満足度の向上に加え、在庫数連動による売り越し・売り逃しの防止など、ネットショップを「強くする」数々のソリューションを提供します。
<在庫数連動対応サイト>
楽天市場(10店舗)、Yahoo!ショッピング(10店舗)、Amazon(3店舗)、Wowma!(5店舗)、MakeShop(5店舗)
<月額利用料金概要>
「速販C2」従量プラン8,000円~、定額プラン12,000円~
在庫数連動(オプション)4,000円~

※金額は全て税抜です


プレスリリース:EC-CUBEインターフェース公開

システム開発および販売を行う株式会社サイオ(本社:東京都港区、代表取締役社長:安田 知弘、以下 サイオ)は、「速販C2」において、2018年9月13日から、株式会社ロックオン(本社:大阪府、代表取締役:岩田進)の提供するEC-CUBEとのインターフェースのプログラムを無償で公開いたします。

■EC-CUBEとは
https://www.ec-cube.net/

オープンソースのEC構築システムです。

無料でダウンロードし、独自ドメイン自社ECサイトを構築できます。基本機能が揃っていますが、プラグインも多数用意されており、自由度の高いデザインで、高機能なECサイトを作成することができます。

 

■「速販C2」とは
https://sokuhan.jp/sokuhan/

複数ネットショップ一元管理ソフトです。

ネットショップ受注処理の分業化、効率化および事故の防止、いたずら注文やブラック注文者の検出、売り越し・売り逃し・かご落ち防止、顧客満足度の向上など、ネットショップを「強くする」数々のソリューションを提供します。

 

■EC-CUBEとの連係
「速販C2」において、「EC-CUBE」と連係することができるプログラムを無償で公開いたします。本プログラムで対応しているのは、EC-CUBEのバージョン2.11ですが、本プログラムを改変することにより、その後のバージョン(3.n系、4.n系)でも、「速販C2」と連係が可能になります。

「速販C2」が「EC-CUBE」と連係することにより、EC-CUBEで構築した独自ドメイン自社ECサイト以外のECモールのネットショップの注文を、一括で管理することができるようになります。

ぞれぞれのネットショップ管理画面にログインしてメールを送信したり、帳票を印刷したりする必要が無くなり、ネットショップの業務効率化に役立ちます。EC周辺サービスとの連係機能を利用することにより、正確で早い受注業務を行うことが可能になります。

 

■「速販C2」について

<特徴>
「速販C2」は、インストールとクラウドのハイブリッドタイプ。メールソフトのような画面で、お手元の処理は早く、複数のスタッフでどこからでも作業できます。

 

<対応サイト>
楽天市場(10店舗)、Yahoo!ショッピング(10店舗)、ヤフオク!(10店舗)、Amazon(3店舗)、ポンパレモール(5店舗)、Wowma!(5店舗)、Qoo10 、ヤマダモール 、Eストアーショップサーブ(3店舗)、MakeShop(5店舗)、futureShop(3店舗)、カラーミーショップ(10店舗)、aishipR 、EC-CUBE、汎用サイト

 

<月額利用料金概要>
・定額プラン:12,000円/1アカウント(アカウント数=同時起動台数)

・従量プラン:8,000円(受注200件までを含む)+10円×201件目からの受注件数


速販のホームページをリニューアルしました

速販のホームページをリニューアルいたしました。

コラム記事も追加され、さらに情報を得やすくなった「速販」のホームページをどうぞご覧ください。

▼「速販」ホームページ
https://sokuhan.jp/sokuhan/


プレスリリース:Wowma!新管理画面に「速販」シリーズが完全対応

システム開発および販売を行う株式会社サイオ(本社:東京都港区、代表取締役社長:安田 知弘、以下 サイオ)は、「速販」シリーズにおいて、2018年5月31日にKDDIコマースフォワード株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:八津川 博史)が運営するWowma!の商品管理に対応し、受注管理、在庫数連動と併せて完全対応いたしました。

Wowma!通販サイト: https://wowma.jp/

■Wowma!新管理画面対応の経緯
「Wowma!(ワウマ)」は、KDDIコマースフォワードとKDDIが共同で運営している総合ショッピングモールサイトです。2017年1月末に旧auショッピングモールおよび旧DeNAショッピングのサービスブランドを統合して、新たに開設されました。

「速販」シリーズは、複数ネットショップを一元管理するソフトです。今回Wowma!店舗のバックヤード管理画面が改修され、新機能も追加されたため、「速販」シリーズも新管理画面への対応を進めていました。

受注管理機能は、まず2017年12月に「速販C2」が、その後2018年1月には「速販コネクト」「速販」が対応し、受注の取り込みや一括でのメール送信などが行えるようになっておりました。

この度、商品管理機能が完成しましたので、「速販コネクト」「速販」から新たな商品データを登録したり、商品データの修正を行って更新したりする作業が可能となりました。

■Wowma!複数店舗もまとめて管理し自動受注取込も
売上増加のために、複数の店舗を出店しているネットショップは多いですが、売上だけではなく利益を増やすためには、ネットショップの管理を省力化し、さらに顧客満足度をアップする必要があることは明らかです。そこで貢献できるのが複数ネットショップ一元管理ソフト「速販」シリーズです。

今までWowma!の仕様上、1店舗しか管理ができないという制約がありました。しかし、新管理画面に対応したことでWowma!上の複数店舗をまとめて管理することができるようになりました。

また、APIを利用することで、より安定的に連係が可能となりました。特に「速販C2」では、24時間自動的に受注取込を行う「自動受注取込」機能が利用できるようになったため、さらに時間短縮が可能となっています。

今回の商品管理対応によって、「速販コネクト」「速販」から新規出店の際の商品登録や、新規商品の登録、既存商品データの修正もスムーズに行うことができます。
■Wowma!対応記念キャンペーン

対応を記念し、KDDIコマースフォワード様の協力を得てキャンペーンを行います。

<内容>
○「速販」の特典
 (1)「Wowma!」商品対応オプション6か月間無料(通常月額1,000円)
 (2)「速販C2」無料クーポンプレゼント!(3か月間有効)
   ・初期費用(通常30,000円)
   ・「速販コネクト」「速販」から「速販C2」へのデータ移行手数料(通常10,000円)
○「Wowma!」出店の特典
 (1)入会金無料(通常10,000円)
 (2)月会費2019年3月まで無料(通常月額4,800円)
 (3)一括商品登録用CSVが1年間無料(通常月額10,000円)
 (4)出品代行無料(楽天市場、Yahoo!ショッピングの商品データCSVから、
         Wowma!に出品、商品を売り出しまでサポート)

<対象>
新たに「速販コネクト」「速販」のWowma!商品管理オプションをご契約の方
Wowma!の特典は、Wowma!に新規出店の方に限ります

<期間>
2018年7月末までにお申し込みください

「速販」×Wowma!商品管理対応キャンペーンのページ

Wowma!商品管理対応キャンペーン

※「速販C2」は受注管理のみ下記のECサイトに対応しております。「速販コネクト」「速販」の商品管理機能を併せてご利用頂けます。

楽天市場(10店舗)、Yahoo!ショッピング(10店舗)、ヤフオク!(10店舗)、Amazon(3店舗)、ポンパレモール(5店舗)、Wowma!(5店舗)、Qoo10 、Eストアーショップサーブ(3店舗)、MakeShop(5店舗)、FutureShop2(3店舗)、カラーミーショップ(10店舗)、ヤマダモール 、aishipR 、汎用サイト

「速販」シリーズホームページ
https://www.sokuhan.jp/sokuhan/


初期費用無料!乗り換えキャンペーン

他社サービスからお乗換えの方に、初期費用無料のキャンペーンを実施しております。

norikaecamp
詳しくはお問い合わせください。お問い合わせはこちら


プレスリリース:速販在庫でセット商品の在庫数連動も開始

複数ネットショップ一括管理ソフト「速販C2」において、在庫数連動機能「速販在庫」にセット商品管理機能を追加しました。

▼プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/153610

■ネットショップにおける在庫管理とは
ECにおいては、実店舗で行う一般的な在庫管理に加え、独特の機能が必要です。24時間365日いつでも販売されている状態であるネットショップに表示される、商品情報の「在庫数」を更新する機能です。

多くのオンラインモールや、自社サイトを構築するためのASPタイプのカートシステムには、各店舗で、商品が売れると在庫数を減らすという在庫数表示機能があります。出店しているネットショップが1店舗のみで通常の商品を扱っている場合はその機能を利用すれば問題ありません。

しかし、同じ商品を複数の店舗で販売する場合、各店舗の在庫数表示機能だけでは、売り逃し・売り越しのリスクに対処できない状況があります。

各店舗の在庫数表示機能を使う場合、各店舗の在庫数表示は独立して動くので、限りある在庫数を各店舗に配分しておく必要があります。この場合、実際には商品があるにもかかわらず、欲しい商品が購入できないという可能性、すなわち“売り逃し”が発生することになります。

“売り逃し”のリスクを避けるために、全ての店舗に実際の在庫数を表示すると、在庫数×店舗数の見せかけの在庫があることになり、“売り越し”のリスクが発生することになります。

“売り越し”のリスクを防ぐためには、大目に在庫を持たなければならず、“余剰在庫”につながりかねません。

■「速販在庫」で複数店舗の在庫数連動
この状況を救うのが、複数ネットショップの在庫数を連動する機能を持つ「速販在庫」です。ある1店舗で購入されて在庫数が減った場合、その他の各店舗にも同じように在庫数が更新されます。

各店舗に実際の在庫数を表示しておいても、在庫数が連動するので、常に全ての店舗に適正な在庫数を表示することが可能になり、“売り逃し”と“売り越し”両方のリスクを回避することができます。

■セット商品の扱い
売り方の工夫として「セット商品」を扱う場合は、1店舗のみであっても、各店舗に用意された在庫数表示機能だけではセット商品とその構成品の在庫数を連動させることができないため、“売り逃し”や“売り越し”を生むリスクが生じます。

■「速販在庫」でセット商品の在庫数連動
今回、「速販在庫」に「セット商品」機能を追加し、セット商品と構成品の在庫数を連動させることができるようにしました。

セット商品が売れ在庫数が減った場合は構成品の各在庫数も減らし、逆に、セット商品の構成品が売れ在庫数が減った場合は、構成品の少ない方に合わせてセット商品の在庫数を減らします。

これにより、“売り逃し”や“売り越し”のリスクを回避し、適正な在庫数を持つことができるようになります。

■商品番号が店舗毎に異なる場合も導入可能
複数のネットショップに登録した商品番号が統一できていないと、在庫数連動システムが導入できないことがあります。商品番号を振り直すと、せっかく評価が上がった商品ページを削除することになることがあるため、商品番号の変更は避ける必要があります。「速販在庫」では、異なる商品番号でも紐付けができるので、問題無く導入できます。

さらに、セット商品機能を使うと、1つの商品に対して1店舗内で異なる商品番号で扱う場合も、在庫数を連動させることができます。

■セット商品オプションリリース記念
セット商品機能は、2,000円のオプションですが、リリース記念として、セット商品オプションを2019年3月31日まで無料でご利用頂けるキャンペーンを実施しております。

○「速販在庫」対応サイト
楽天市場(10店舗)、Yahoo!ショッピング(10店舗)、Amazon(3店舗)、Wowma!(5店舗)

○「速販在庫」ご利用料金
月額利用料は、基本料金+連動料金+オプション料金で決まります。(以下税抜)
「速販在庫」は「速販C2」と併せてご利用ください。
・基本料金(SKU登録数による料金)
  SKU数 1,000まで 2,000円
      3,000まで 3,000円
      5,000まで 4,000円
     10,000まで 5,000円
     20,000まで 6,000円

・連動料金(在庫連動間隔による料金×店舗数)
  在庫連動間隔 30分の場合 1,000円
         15分の場合 3,000円
         5分の場合 5,000円

・オプション料金
  セット商品 2,000円(リリース記念無料キャンペーン中)

○「速販C2」ご利用料金
定額プランと従量プランがあり、状況に合わせて選択できます。
無料お試し期間:30日間
初期費用   :30,000円
月額利用料
・定額プラン :12,000円/1アカウント(アカウント数=同時起動台数)
・従量プラン :基本料金8,000円+10円/1受注(受注件数201件目から)
その他料金  :・データ保存容量5Gを超える場合別途お見積り
        ・アカウント追加/変更手数料2,000円(/回)
        ・プラン変更手数料10,000円(/回)


プレスリリース:ヤマダモール、aishipR、その他のサイトに対応

ヤマダモール、aishipR、その他のサイトも一括管理可能に
~複数ネットショップ一括管理ソフト「速販C2」~

▼プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/150799

この度、複数ネットショップ管理ソフト「速販」シリーズ最新版の「速販C2」が、ヤマダモール、aishipRに対応しました。
また、個別に対応していないサイトの受注CSVを取り込むことができる「汎用サイト」もリリースいたしました。
ヤマダモールに出店している店舗、aishipRで構築している店舗、その他のECサイトにある店舗の受注データを取り込むことが可能になったため、「速販C2」内にある他の店舗の受注データと一緒に、一括でメールを送信したり、帳票を出力したりできるようになりました。今まで別々に管理していたECサイトの受注データを一括で管理することにより、より強力に省力化を進めると共に、正確で早い処理が可能になりました。

■ヤマダモールとは
ヤマダモールは、株式会社ヤマダ電機が運営する、家電だけではなく、様々なジャンルの商品を扱うショッピングモールです。
2,040万会員、月間500万人超が利用するヤマダアプリを活用し、メルマガ配信850万通から100万のアクセスがあります。また、実店舗からヤマダポイントを活用したモールへの誘導ルートで送客しており、他のモールと被りの少ない集客力があるモールです。
https://ymall.jp/

■aishipRとは
aishipR(アイシップアール)は、株式会社ロックウェーブが提供するカートASPシステムです。
Googleが推奨するレスポンシブWEBデザイン(PC・タブレット・モバイルなど種々の画面サイズに合わせWebサイトを自動調整し最適な表示にすること)を採用しており、スマホからの購入が増加している状況に適した自社サイトを、一元的に構築できます。ページ作成の自由度も高く、カスタマイズで個別要求にも対応できます。AWS(Amazon Web Services)を利用した安定基盤上で稼働しているので、快適なECサイトプラットフォームが提供されています。
http://www.aiship.jp


「速販在庫」をリリースしました

ネットショップの在庫数連動機能で、売り逃し・売り越しのリスクを減らす「速販在庫」を9月26日にリリースしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
「速販在庫」デビューキャンペーン
~~~~~~~~~~~~~~~~~

詳細は、こちら↓
http://sokuhan.jp/sokuhan/stock/